infinite       loop

Satellite Of Digitalis Syndicate

iMac + 外部ディスプレイで、デュアルモニタ(訂正)

今日になって、あー! そういうことか。と気づいたので訂正記事。

フォントの問題じゃないんだよ・編。

無駄かもしれないんですけど。ご自分でゼロからモニターを選んでデュアルモニタしよう、と思いつく人は、だいたい僕よりAV機器、入出力系に強い、わかってる人が多そうなので、前記事時点で何いってんだ? となってたら無駄記事ですけど。

iMac2台でデュアルモニタ」の時に、古い方のマシンがフォント汚いと書いてたのは32bitマシンと64bitの世代違いで、グラフィックボードから何から違うんだ、という話でしたが、今回はiMac2台ではなく、あくまで外付けのモニタ。
それがワイド型。高い視野角というんですかね、店頭でうろうろ歩き回って離れたところから見ても、出過ぎずボケず、いい感じ。

ただワイド型。iMacのデフォルト解像度は、今のOSは数値で見せなくなったようですが、外部モニタのデフォルトと同じく1920×1080ピクセルでした。
が、アスペクト比が違うんですね・・・

そういえば個人的にはワイドテレビが流行った頃の極端なワイドは苦手でした。
先日、次兄が部屋にTVチューナーと別にテレビを持ってるってんで、いつ買った? と尋ねたら、ずいぶん昔に僕があげたやつでした。僕ぁ長兄にお下がりされたんだが、映画が映画館と同じワイド画面で見れる、とか言って喜び勇んで買った長兄の古いテレビ・・・ずいぶん、さすらっていた。

モニターの縦横比その他については、説明できるはずもないので

16:10と16:9はどっちがいい?――「画面サイズ/解像度/アスペクト比」を整理する (1/3) を、購入前のご参考に。

うちの場合は16:9、従来の4:3で出力している画面を、外部側は16:10画面で見てるということなのかなぁ・・・というのは別に。
フォント描画のアンチエイリアシングがおかしい? という場合の解決方法は

Macでフォント描画のアンチエイリアシングが効かない問題を解決する

このブログに、ターミナルに打ち込むコマンドと、0から3までの指定値まで詳しく載っていました。

因みに、システムのディスプレイ設定画面:配置タブで「ディスプレイをミラーリング」設定すると、外部モニタ側でも内臓Retinaのプロファイルを選べて、左右どっちも区別のつかない状態にはなりましたが、それは意味ないので、長い記事など読むのはiMac側、入力するのはPrinceton側、という使い分けは昨日と引き続き同じ決定になりました。

コメントをどうぞ

メールアドレスの入力は不要です。また入力したメールアドレスが公開されることはありません。

四則演算 *