infinite       loop

Satellite Of Digitalis Syndicate

時には北桜のように

ビーズ親方。
褒めて伸ばすというやつ。テレビで見た。

医者はなんであれをやってくんないのかなぁと思う。
歯医者とか、なんでもっと早く来なかったんですかとまず怒るやつ。
いやだってそうやって怒られると思ったもんですから、と返したくなる。

歯の治療をしていた頃に病気でぶっ倒れたので、なんだろ虫歯でなくて削ったまんまで放置とかあって、この状態で何年も放置してて次行ったら何言われるんだろうとかさ、憂鬱がさらに放置を加速させるというか。

まぁ所詮「月曜病」の延長みたいな感覚ではあるが、褒めるべきじゃん、と思って。
まずは誉め殺し。よく来ましたね、ほんと、よく来てくれた。あんた命拾いしたよ、危なかったけど助かったねぇ、みたいな逆に怖くなって、次はお小言を恐れずもっと早く来ますっ! とビビるようなだね、話法を考えてくれないだろうか。

というタワゴトを言いながら、ロキソニンと酒で交互に痛みごまかすのやめろよ、なんだが。
水割りの2フィンガーとか、まったくわからない。いい酒だとそれくらいでもいいのか。
とりあえずこれは、ハーフ&ハーフというピザのような分量だなと思いながら、3杯くらいでちゃんと酔えてしまう。

体質変わると安上がりでいいんだけど、痛みだけ鈍化して頭は冷めたままの方が仕事にゃ都合いいんですが・・・終わりません。なんでだ。

あー。例のアレ、山口某の被害女性の顔出し会見で、「告発の行方」て古い映画が話題になってて、タイトルだけ覚えてるな・・・テレビで子供の頃にでも観たかなと、粗筋を読もうと思って、他人様のあまりによく書けたレビューブログを読んで、あぁそうかぁ、髪を切るって、こういう作品に出てくるのか、あの会見を見て、すぐ「告発の行方」とかスッと出てくる年齢層だと、気づくのかもなぁなんてまた思ったけど、もうそういうのリンクする頭をやめてぇ。

「MAMA」と「彼方から」とあと1作が去年のベスト3だったんだよなぁ、「銀のスプーン」も「応天の門」も連載続いてるから、完結したうちの2017年・自分ベスト3はぜーんぶ女性漫画か、ほかぁ、と思ってたのに、あと1作なんだったんだろう。忘れたなら忘れていいだろうけどなんか惜しいことした。

「彼方から」は去年とかいうようなものじゃないけど、講談社がおら読めっと出してくる無料配信けっこうモレなく手を出す財布も開くの多くて楽しい。
とか書いてる間に、これかな、「100年たったらみんな死ぬ」か「海月と私」かなぁ
ま、藤緒あいは別カウントで。
Tumblr.消えて泣いてて永久保存、もう記事書いて流すなよ、となった段階で、自分を自分でストーカー認定した。心はこれストーカーだぁ、きっと。(やめろ)

しかし寂しくなったんで、活字離れから活字に戻ろうと思って、今読んでるヨットの小説が面白い。

だから仕事早くローンチして浸かりたいんだけど・・・次もあるんだよWPが続く。はたらこっ

コメントをどうぞ

メールアドレスの入力は不要です。また入力したメールアドレスが公開されることはありません。

四則演算 *