infinite       loop

Satellite Of Digitalis Syndicate

男女の友情は成立しない派はただのバカと。

『男女の友情は成立しない派はただのバカと。』へのコメント

  1. 名前:miso 投稿日:2017/05/22(月) 15:07:15 ID:731a29510 返信

    こんにちわ。
    今回は0文なんですね。男女間の友情。男女間だったら、夫婦の間にも友情ってありますよね。
    私、今まで男友達がいなかったので、何とも…ダンナは結構、昔ですけど女友達交えてインドに旅行に行ったり、おばさん友達がいたり。いいなあと思うんですけど。まあインド旅行の女友達は、美人すぎて恋愛対象にならなかったのかな。
    私がもし男友達に、自分のためとわかってても、ちょっといじわるっぽい事されたら、絶対1・5倍ぐらいにして仕返ししちゃうかなあ。そういうところがきっとダメなんですね。

  2. 名前: 投稿日:2017/05/22(月) 19:49:54 ID:2debc62c6 返信

    他人が書いたTweetの埋め込み、前からけっこうやってるつもりだったんですが、非表示投稿で備忘録にしてるのが多かった。
    ブログCMSはそゆとこ便利でいいですね。

    ともだち夫婦とか、親友夫婦ってよく聞きますね。自分は縁のない話だけど、たしかに元同級生同士がくっついた場合、ハタから勝手に(よっしゃ。このペア離婚率低し)は内心思ってるとこあります。ま、当社比:みたいなとこで

    女性の場合はわかんないすけど、女友達がつくれる男は女の親友も当然つくりやすい・できやすい・の法則はあるかも知れない。比例して。

    旅行で思い出したけど、自分の父親はわりと逆でおつきあいしてる女性・ぜーんぶ彼女になっちゃうややこしい派かも。あ、男子校出身だからか?(昔の人)

  3. 名前:miso 投稿日:2017/06/03(土) 01:56:13 ID:f854821db 返信

    こんばんわ。
    もうコメントしない宣言をしておきながらすみません。
    他のコメント欄で、もう「花に染む」の話はしたくないともおっしゃっていたようなので、これもすみません。
    ああ、私ダンナの方に宣言しちゃったのか。けっこう頑張ってたつもりだったんだけど…
    そうしたら、雛のお父さんの頑張るって言ってる時点でっていうセリフを思い出して、ああ、あのマンガと被ってるか…とふと思ってしまったわけです。雛のお父さん、とんちんかんな事も言ってるけど、このセリフはなんか本音だったんでしょうね。

  4. 名前: 投稿日:2017/06/03(土) 05:20:39 ID:1917e1b11 返信

    ん、かまわないですよ?
    1)コメントしない宣言も撤回もご自由に。宮崎駿のように自由にどうぞ
    2)「花に染む」の話はしたくない・とは書いてないですよ、たしか。

    思い込みの激しい読者と、とちゃんと書かなかったかな。
    思い込みの激しい読者が比較的に多すぎる作者の作品についてこの先また書く愚行はしない、です。それは決めてました。が、先日ちょろっと「告発の行方」という映画の髪を切るシーンも影響・オマージュしてたんかなぁ?くらいなことは書いてしまいました。

    とはいえ「花に染む」の話は、もうそれほどしたくないのは事実ですが。
    (だってもう謎解き、大筋は終了しているので他者とディスカッションできるの、ディティールをどう見える?見えた?くらいですよね、それ僕は向かないです、わりと不注意くんだし)

    で、「私ダンナの方に宣言しちゃったのか。」て意味不明なんですけど・・・
    とりあえず「けっこう頑張ってたつもりだったんだけど…」という気持ちはなんとなく伝わりました。

    うーん。あの漫画と被ってる、そっすねーmisoさんは、僕が遠慮なく何度か書いているように、優等生で頭が硬いという意味では、雛やよし子さんタイプ、なのではないですか。
    花乃や水野やジャラや・・・あと誰だっけ、て感じの女の子たちとはあんま被らないですね、なんとなくですけど。

    ま、男女の友情なんて、がんばって勝ち得るようなご大層なもんじゃありません。
    異性の友達がいる方が高級な人間てわけでもありません。
    甘党か辛党か、くらいの差と考えてください。大げさな話じゃなく。

    でないと、ホモやレズよりバイの方がずっと偉い、みたいな馬鹿さ加減にはまりますよっ・・・て変な喩えか。

    ところで雛のお父さん、トンチンカンだったセリフは覚えてないですが
    読後すべてを通して思い出すに、いちばんいい男ですよ、容姿や身長は知らないけど
    あのヘドロみたいな家庭環境にあって、あんな奥さん平気でもらった男で
    冷遇されてても屁とも思ってない感じとか、ふつーに格好いいですよね、描かれてない若い時代も中年以降も。
    仮病がバレなきゃ、いつまであの子を遠方に放っておいたんだ、て感じはありましたけど、あの奥さんと見合いじゃなく結婚したんなら、それだけでカッコいいかなぁ、と思い出してみました。

  5. 名前:miso 投稿日:2017/06/03(土) 23:48:06 ID:73308b57f 返信

    こんばんわ。とんちんかんだと思ったのは、氏子衆に陽大を紹介する場面で、自分が名前をつけた子どもの事を話してる場面で、とんちんかんというか空気を読めてなかった感じですね。雛のお父さんは、奥さんとの事で頑張った感じではなかったんでしょうね。見合いじゃないんじゃないかな。恋愛時代の二人とか見てみたいですけど、描かれないでしょうね。

  6. 名前: 投稿日:2017/06/04(日) 00:51:59 ID:e74e4caf8 返信

    あぁそうです、そうです。あのお父さんは究極のKYみたいな。空気を読めないか、読まないと見るかは人それぞれですね。

    空気を読めるのがよし、とする人にはダメな男で
    空気は読むものでなく吸うもの、とする僕には、いちばんまともな大人に見えました。
    ということでした〜

  7. 名前:miso 投稿日:2017/09/30(土) 01:32:08 ID:15e3c810a 返信

    こんばんわ。新しい記事にコメントしたかったんですが、できなかったのでこちらにします。
    おじい様の事が書いてあったので。
    最近、母の日記を読んでいて、驚くとともに辛くなってきてしまって、億さんといつ初めてお会いしたのか、もう忘れてしまいましたが、母が生きている頃にも会っているのでしょうか?その頃の私の事も知ってるのでしょうか?
    まだ、日記は全部読んでいませんが、最後まで読むつもりです。
    そうとう、私は母に対してひどい事をしています。あんなふうにしてしまった父と同じです。
    せめて、最後まで読む事が弔いにしかなりません。

    暗い話で申し訳ありません。

  8. 名前: 投稿日:2017/10/01(日) 16:11:59 ID:2f9e4930d 返信

    ええと、自分はmisoさんとは実際にお会いしたことはないですが、最初にブログにコメントをいただいたのは、
    2016年12月4日となってました。古本屋で駅から5分を見つけて久しぶりに読んだ、というような内容でした。

    その直後にmisoさんのブログを拝見して、隣県だという記憶は残っているので、お知り合いではないですよ。
    すみません、物忘れも、人の顔を覚えない、忘れる、も多いほうなんですが
    さすがに会社の同僚がどこに住んでいた、等々は覚えているので、年上の方で、女性で、その隣県在住がいないのです。

    一度もお会いしていないのと、もしかしたらと思えるような少女漫画が好きだった女性なども、自分のまわりにそもそもいないんですよね、
    誰と似てるのか見当つきませんが、そいつ少年ジャンプくん呼ばわりされてたり、幸せは新宿西口に売っている〜とか踊るアホじゃないですよね? ならば、別人です。あしからずご承知ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスの入力は不要です。また入力したメールアドレスが公開されることはありません。

四則演算 *