infinite       loop

Satellite Of Digitalis Syndicate

小さいおうち

ドラマ「カルテット」があまりに面白かったので、TBSオンデマンドの契約更新して全話ぶっ通しで観なおした。
かなり虫食いで観てたような気がしてたが、初回と家森の「第4話 妻はピラニア、婚姻届は呪いを叶えるデスノート」以外は案外ちゃんと観てた。
なんか第4話、痛かったですけど。まぁそれはともかく。

ついでだからと松たか子映画のつもりで「小さいおうち」をやっとちゃんと観たんだけど。
たしかに松たか子映画だったんだけど。倍賞千恵子、出てた。ある意味主役じゃん・・・

枕、さくら持ってこい!

とね。昭和に生まれてさくらにちなむ名前だと、たいてい言われたもんなのだ。寝惚けたり、すっとぼけたりしてると、たいてい、お前じゃなくてさくらの方を持ってこいみたいに、寅さんの真似でやられた。

僕も何度これを言われたかしらん。

で、倍賞千恵子、好きなんだよね。高倉健の嫁さん役で、いつも出所待ってるんだよね、の頃からハウルのソフィにいたるまで好きなわけで。

「小さいおうち」で急にわーんとか泣き出された日には、(うわーん、ソフィー)と条件反射でベソかいてた。なんて可愛いヒトなんだろう。いつまでも。

映画の感想、そんなにまともに書く気ないんだけど、こういう話だとは思わなかった。
あー女中の黒木華さんは、奥様が好きだったのかぁと、男女の恋愛話に見せかけて、ちょっとだけ「恋」みたいな話だなぁと感心してしまった。

あんまり戦争映画とかストレートなのはもう好きじゃなくて、角度が違うのが、好きみたいです。浅間山荘真っ盛りの同じ頃に、別世界みたいなとこで話が進む「恋」を思い出して、ソフィーの声でわーんと泣くのを観て、大満足でした。

あぁまだまだ見逃したたくさんのドラマ、この際山ほど観たいのだが、かけもちWPしてるので、漫画買うのさえ、遠慮してる。
とか言いつつ、勢いで「Nのために」も全編まとめて観た。

はい、すみません。仕事、進めます。

コメントをどうぞ

メールアドレスの入力は不要です。また入力したメールアドレスが公開されることはありません。

四則演算 *