infinite       loop

Satellite Of Digitalis Syndicate

コンサバ地獄

一時期、親父が食事をつくってくれていたのだが、まるで口に合わない。
人がつくってくれたものに文句は言えないので黙って食う日々を続けていくうちに、胃袋もやられた。
で、その答えが、どうやら無意識だった「おふくろの味」が関西風だったということ。

旅先の味が無性に口に合うのも、おまえ西にしか向かわないじゃん、という偏った履歴だったと。

ついでに書けば、もっとも胃袋が掴みにくい御仁ランキング第一位保持者(身内比)みたいなのも実は嘘で、二人だけ、味付けが芥川「芋粥」的な過去女友人がいて、そう元交際相手でもなきゃ好きな相手ですらないのに、あいつの料理だけはイケてた、が二人いる。それが超薄味。

醤油を、どうやら舌が受け付けなくなったと騒いだ数年前から、何かが変だなと思っていた、とどのつまりが、おふくろ関西人だった! には、まいりました。

ついでに書けば、料理だけはイケてた同級生の家、というか、姉と弟がいるだけのアパートの夜、あれは女子美の夜だったかと。

中学時代の親友の幼馴染で、親友は大家が貸アパートの部屋にそのまま棲んでいる家族、その幼馴染が家を離れて同じアパートの二階に棲んでた。

要は一階にある友人の部屋にはよく遊びに行ってたのが、ついでに二階に移動して、しかも部屋主が客を放っておいて寝てるようなやつだったから、手持ち無沙汰で皿を洗ってやったら、起きてきた親友の幼馴染が嬉しいと残り物を出してきて、それが不思議なほど美味だったと、そんだけの「芋粥」記憶。

おまえこれメチャクチャうまいよ、とバクバク食ったら、そんなもんでいいの、あんた。と言われた。

ワンワードではないが、あっちもこっちも一文止まり。絶対に話は弾まない。親友だけが間に入っていつもベラベラ喋っていたが、手放した家に行った時も、客にかまわず、聴かせるためでもなくピアノ弾いてるような、あの空間は妙に楽で居心地が良かったなと。

で、当時は特に意識してなかったが、こいつら母ちゃんがどっちも女子美で、そこから離れずこの街で幼馴染やってんのかと、そんな認識でいたが、俺もじゃんね? と振り返って笑えた。

たぶん、うちもだよと言わなかったのは、むこう二人は長男・長女で、母親の年齢がかなり開きあったから無意識に言いたくなかったんだろな、なのか、親友は絵がお得意だったのに、こっちは描かないコンプレックスだったのか、そもそも気にするまでもなく、母親・同窓がいくらでもゴロゴロいそうな街で気にも止めてなかったか。

ただなんだろう、高校時代がまじ面白かった故に、中学をさほど懐かしく思わない、親友のこともかなり忘れてて悪いなってくらいなのに、思い出すときは、あの幼馴染とセット。

たぶん高校時代の親友と真逆にいるのが、あの女、どうも女の子という気がしない彼女だからかねと思う。

何せ居酒屋で魚の骨までとって差し出してきて、これ食べろあれ食べろとうるさいのと付き合い続けて苦労してるんで、静けさの価値みたいなのが頭に残るんだろう。

タイトルと限りなく離れてってるが、うっちゃんがまた「九州男児」をやってるのよってところからLIFEを観ろってことになったのだが、他のチャンネルだったのにいいのかねとか冗談を言っていて、しかしキャラの前に事実うっちゃんは「九州男児」なんだから、いいんじゃねっていうか、止められないだろうと笑って返して、そろそろ時勢的に「九州男児」の悪口を言っても殴られない感きたよね、SNSでもやってるよね、的なノリで、うっちゃんネタとはまったく無関係に「九州男児」disりトークしてた。

散々笑って余裕で話していたのに、最後に、でもあんたも入ってるよね、と言われて愕然。

あれ〜? だよ。あれって生まれてそこで育ってはじめて九州男児なんだろうと油断しまくってたのに、ルートを見ちゃうのか。そこぉ〜? となったが、何やらそこはかとなく臭うなりってことらしいっすよ(モヤさまか)

いやもう漫画の話というか少女漫画の話したくないんだが、「サプリ」の全巻無料読みに飛びついた。で、無料期限過ぎたので登場人物の名前もほぼ田中しか覚えてないが、田中の元彼がコンサバで何が、どこが悪いのか、いまいちわからなかったのだ。

あぁ面白くもなんともない、切り捨てられてく系ってとこまではわかるのだが、どこがいけなかったのでしょうねぇ、がちっともわからない。それが自分と同じ匂いだから気づかないってことなら、うぁぁ居た堪れない。となったりした春のことじゃった。ち。

それにしても、うっちゃんなんちゃん。「夢で逢えたら」は遠きにありてなんだけども、いつまで僕ぁうっちゃんなんちゃんの番組を見ろと強制される人生が続くのだろうかね。
社会人初の配属先で、初日に言われたんだから。何十年経ってんだよってクラクラする。

んで、最近のニュース、森友理事長の証人喚問を記事として書く気はないんだが、なんかあれはなんなのだ。いや内容はわかっているけど、妻たちのスピリチュアルっぷりが凄くてよ、あんだけ両方スピリチュアルな妻たちの悪口を、両方コンサバ代表みたいな亭主がいっさい口にしないまま、庇ってる。

すんげえ図だなぁと慄いて(笑)

引くに引けないコンサバ祭り、押すに押せないコンサバ疑獄、と背中寒くしながら、他人事だからまぁ二日間真面目に笑って証人喚問見たけども。

きつい、あのメールのやりとりはきっついわぁと読んでて、ふつうの人はどこがいちばん目につくのだろうかね。あのオバはんのいかれっぷり?

まぁ僕ぁ先に知ってたのでそこは急に驚くとこじゃないっての差し引いても・・・あの心ない優しさ。あれは印象的だよな。二組の夫婦の四人の中だけなら、一人特出して「心ない優しさ」が目立つ人がいる。

あの人だけ生粋の天然なのか、生粋の東京人なのか、そこんとこは怖くて突っ込めないさぁ(急に沖縄のフリをしても遅い)

もぅなんか華僑みたいに、生まれも育ちも誕生日も隠して生きた方が無難じゃね、という気分になりながら、舌だけは誤魔化せないというね、とどのつまりはまた醤油地獄の話だったか。

親父がさぁ、世界で見てもかなり上出来といっていい優秀なソース・調味料だ、何にでも合うみたいなこと言ってやがったよ。だってそりゃあなた関東人だもの(笑)

なんであれから酢とみりんだけあればいいっす、てのが生まれたのか、わしもよくわからん。
ブリードはすべて掛け合わせっす。だよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスの入力は不要です。また入力したメールアドレスが公開されることはありません。

四則演算 *